歯石除去

  • 2017.11.26 Sunday
  • 16:06

11月23日(祝)歯石除去をしてもらいました。

ももが歯磨きデビューしたのは、4歳。

何をやっても、怪我をさせられないなと自信がつくまで、4年もかかってしまって。

歯磨きを始めてからは、毎日もしくは二、三日ごとにはやってきたのですが、もう4年間、歯磨きガムのみだったので、それまでに歯石がついてしまっていて、一度、取ってもらうことにしました。
他の病院で、全身麻酔したら、二度と目が覚めなかったという噂を聞いたこともあり、全身麻酔は怖いと思っていましたが、院長先生の言葉で決めました。

「15年が寿命として、2年は違いますね」と言っていた。

何年も二週間に一度の通院してきた病院を信じようと思った。

大丈夫、くりちゃんの命を救ってもらった病院だ、そう思った。
前日の夜12時以降、絶食。

当日は、午前中12時までに来院するように言われる。

ももは、自分から朝ご飯を要求したことがないので、難なくクリア。

病院で、今後の歯磨き指導を受ける。

超音波で歯石を取るので、除去前より歯が、多少わずが凸凹尖ってしまうそうなので、歯石が付きやすくなると言っていた。

ガーゼのような指ブラシより、棒ブラシの方がいいらしい。

「ももちゃん、頑張って」と、病院に預ける。
お迎えは、夕方17:30以降。

それまで、家にひとりぼっち。寂しい。

ももが居ないと、話し相手がいない〜。寂しい。

で、早めにお迎え行って、待ってようと病院に向かう。


病院のドアを開けると、犬の鳴き声が。

「うぉん、うぉん」低く、野太い声。

・・ももだ。ももの鳴き声は特徴あるので、すぐわかる。

「これは、ももですね?うるさくしちゃって、すみません」

看護士さん、「大丈夫、ちょっとですよ(笑)」

もも、元気そうだな。私の心配は何だったんだ。あはは。
「今夜は、ふらつくことがあるかもしれません」

「ソファに上ったり、階段などお気をつけて」

「ももちゃんは、歯肉炎だったので、歯磨きは三日後から始めてください」

「歯が痛いときに、歯磨きすると、嫌いになってしまうので」

と、説明を受ける。

あはは、危ない。私は、早速、歯磨きヤル気満々だった(笑)

帰ってきても、ふらつくことはなく、元気モリモリでした。

ももちゃん、頑張ったね。お疲れさん。

公園でゆっくり。

  • 2017.11.12 Sunday
  • 18:49

11月12日(日)今日こそ、お友達たちに会えた♪

いつもの公園まで歩きたがらないことが多かったので、久し振りに会えました。

みんなで並んで、おやつを貰って、嬉しそうでした。

一人になっても、ももは公園に居ました。


ぼーっと、その、お気に入りの場所に居たい、もも。
たまに、体勢を変えます。
今日は午前中、風が冷たくて、日向でないと寒かったです。

そこに、9時前から13時前まで、私が帰ろうと言うまで居ました。

ももちゃん、ゆっくりできたかな?

帰ったら、ももは、いびきをかきながら爆睡でした(笑)

 


 

私は変人。

  • 2017.11.05 Sunday
  • 19:04

「私、ペットとか飼えない。」

お世話、大変だもん。」

「でも、癒されるよね。」

この間、友達が言ってた。

彼女には、何気ない一言かもしれないけど、私は全ての言葉にひっかかった。

一言で伝えようと、私は言った。

「ももは、私の子どもなの。ももをいつも愛しているの。」

彼女は笑った。

「子供扱いしているんだね。愛しているのか(笑)」

私のももへの愛情を、友達にも根本的に理解してもらえない。

してあげられることが喜びで、お世話と思ったことがない。

見返りを求めて、迎い入れたわけでもない。

共に生きて、かけがえのない毎日を過ごしたいんだ。

ももは、愛おしく、何より大事な守るべき存在。ももが一番。

どんな時も、私は、もものお母さんだよ。いつも愛しているよ。

ももが犬だから、犬を子どもと思っている私は、変人なんだろう。

アイツ、オカシイんです。慣れています。あはは。

ブログを始めた理由

  • 2017.11.05 Sunday
  • 16:07

昔、私の愛犬、くりちゃんがいた頃は、まだインターネットが普及してない時代。

デジカメも出る前、使い捨てカメラが流行っていた頃だった。

スマホどころか、ポケベルの時代だ。

当時の私は、くりちゃんで頭がいっぱいだった。

私は、いつもくりちゃんの話をしていたらしく、高校の友達が、卒業して二十年近くたっても、くりちゃんの名前を憶えていてくれた!!

それが「ものすごく」嬉しくて。

家族でない人が、くりちゃんを憶えていてくれる。

くりちゃんの存在を認めていてくれる。

そう、思えた。


時代は移って、今は、ももが私の愛犬。

もものブログを始めた理由は、至って単純。

いろんな人に、ももを知ってもらいたいから。

過保護で親バカお母さんに、異常なくらい愛されていた柴犬がいたな。

確か、名前は、ももっていったな。

そう頭の片隅に思い出してもらえたら、本望です。

ももが生きた甲斐があると思えるのです。

 


いずれ、ももも、天国に行く日もくる。

ももが居ない毎日は、灰色生活だろう。

ももの思い出を振り返るだけの寂しい老後。

自分のブログを写真付きの本にすることもできるので、その時のももを想う気持ちを記録して、文字化して、形に残すのです。

犬を私の子供に選んだ選択に悔いはありません。

 

 

雨の日の散歩

  • 2017.10.21 Saturday
  • 11:59

雨の日の散歩は、いつもこんな感じです。

 

行く前・・やる気ゼロ。↓↓↓。

「アタシ、行きたくないの」と言わんばかりの、この態度。

レインコート着せられて、ふてくされています。

 

「ももちゃん、行くよ!」と連れ出します。
一度、外に出てしまうと、こんな笑顔。
雨の日も、楽しそうに歩きます。
にこにこです。
歩く距離は、激減です。

ホントに近所しか歩きません。
でも、楽しそうなももが見れるので、行き甲斐があります。

ももちゃん、雨の日の散歩でも楽しかったね♪
 

散歩♪♪♪

  • 2017.09.30 Saturday
  • 22:32

ももと散歩に行くこと、それが私の生き甲斐。

朝晩の一日2回を365日、どんな時も。

ももと一緒に並んで歩く、それが良い。

散歩が楽しい、心からそう思える。
歩くとき、いつもこの角度で、ももを見ている。

ももの表情はいつも口元が緩んで、笑っている。

私がももと散歩が楽しいように、ももも私との散歩が楽しいようだ。

散歩は、にこにこ笑顔のももが見れる時間。


ももは、たまに私の顔を見上げる。

「楽しいね」と言っているみたい。

最高だ。幸せを感じる瞬間❤
近所の人に、私は犬連れ印象が強いらしい。

或る時、笑いながら言われた。

「今日はワンちゃん、居ないの?」
ももは、ゆっくりゆっくり歩く。

顔はニコニコしながら。

私も嬉しそうに歩く。

命綱で繋がって、一緒に並んで歩く。

そんな姿が微笑ましいのか、通りすがりの人にも声を掛けられる。

「かわいいですね。柴犬ですか?」
ももは、平日は毎日お留守番なので、一緒に居られる時間を大切にしようと、いつも思っている。

朝の散歩は、「今日も一日頑張ろうね」と思いながら、夜の散歩は、「お留守番頑張ったね」と思って、ももを想いながら歩くのです。

いつも笑顔でいる。

  • 2017.09.24 Sunday
  • 18:48

犬の寿命は、永くない。今から覚悟している。

でも、一日でも多く生きてもらえるように、努力をしようと思って。

ももの前では、いつもどんな時も楽しくしていようと心がけてる。

ももと一緒にいると楽しいよ、嬉しいよと、ももが感じてもらえるようにと気を付けている。

いつも、ももに笑顔を向けて、笑いかけてる。

命綱で繋がって、一緒に並んで歩きながら、話しかける。
「楽しいね〜、嬉しいね〜。らんらんらん♪」

会社から帰宅すると、アイツ、おかしいと思われるくらい大喜びする。

「ももちゃん、ただいまちゃん。会いたかったよ!」

「好き好き好き❤、ももちゃん❤」

「楽しい楽しい♪嬉しい嬉しい♪」

何もしていないのに、家で目が合うと、褒める。

「いい子だね〜、ももちゃん。」

注意するときは、よっぽどの時。これは!と思うとき。

それ以外の細かい事は、まっ、いいか。いいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行に行ったり、お出かけしたり、ももと家族の非日常の思い出を作ってきていますが、毎日の、何気ない普通の日々が、一番大切だと考えています。

今日も楽しかったと、ももに満足してもらえるようになるなら、私が笑顔でいることは、どうってことないのです。

ももちゃん、これからも元気でいてね。

ずっと一緒に、家族三人で、毎日を楽しく過ごそうね。

「お手」ができない。

  • 2017.09.17 Sunday
  • 19:19

ももは、「お手」ができない。

お手を教えたことが一度もないので、言葉の意味すら知らない。

できなくて、当然だ。ももは、悪くない。

 

子犬の頃〜1歳くらいまで、ももと一緒に、しつけ教室に通っていた。

パピークラス、初級クラス、中級クラスと。

1クラス(60分を5回)だった。

パピークラスは、お友達に慣れる、トイレ練習をした。

初級クラスでは、アイコンタクト、お座り、伏せ、待て、オイデ。

中級クラスでは、バーン、付いて、歩く練習を。

ももは、しつけ教室が大好きだった。

同い年のお友達がいて、褒められまっくって、おやつ貰えて。
或る時、家で、ももは、おやつが欲しかったんだろう。

自ら考え、自ら行動した。

私が「バーン」って言ってないのに、その仕草をした。

私は、それを見て、凄く嫌な気持ちになって。

ももがサーカスのライオンのように思えた。

ももは、ペットじゃないの。

いてくれるだけで、その存在がありがたいの。

だから、もう芸はしなくていいよ。そう思った。

 

ご飯がもらえるのを静かにじっとお座りして、ひたすら待ってる。

「ももちゃん、オイデ、ご飯だよ」と言えば、来る。

散歩中、ちょっと立ち止まってほしいとき、「待って」と言えば、待ってる。

日常生活で困らなければ、良い。芸は、ももに必要ない。

だから、ももにお手を教える気はないのです。
 

6歳のお誕生日旅行〜しぶごえ館山(お庭編)

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:37

ここは、宿直結の公園みたいです。

なので、宿泊客でない、地元の人もたまに散歩しています。

でも私の中では、宿の庭とみなして、楽しんでいます。

この庭をももと歩くと、来て良かったとつくづく思います。

もも、この草一面が大好きです。

のんびり、ニオイを嗅いでいます。


目の前に、すぐ海があります。

小さなカニを見つけることもあります。

海風が、心地いいです。
もも、嬉しそうに歩いています。

ニコニコ笑顔が見れて、何よりです。

6歳のお誕生日旅行〜しぶごえ館山(食事編)

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:14

食事の部屋では、予約時に頼んで、テーブルを端にしてもらっています。

ももは、ビビリなので、周りを凄く気にしてしまうので、ももに、少しでもゆったりしてもらえるようにです。

リードフックも、テーブル周りに複数あるので、安心です。
ももの夕食です。これが大好きみたいです。

ももは、肉食系女子で、野菜は好みません。

朝食の時も、予約時に頼んで、夕食と同じメニューにしてもらっています。
一生懸命に食べています。ごちそうです。

今までは、ももに先にあげていたのですが、食べ終わると、ももは部屋に戻りたがるので、今回から後にあげることにしました。

私達が食べている間は、テーブルの下で、大人しく待っていました。

しぶごえは、希望すれば、わんこ用席も用意してくれます。

同じ食卓で食べることもできます。

宿が、お祝いをしてくれました。

予約時に、スタッフさんが、いつも聞いてくれます。

「お祝いごとは、ありませんか?」と。

 

これは、ヒト用ケーキです。

わんこ用ケーキも、別に貰えます。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

いくつになったの?

script*KT*

今、何時?

犬に関する本

記念日

ブログ開設から

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM