ももの弟、たろう。

  • 2018.01.06 Saturday
  • 19:12

300円ショップで見つけた、戦利品。

柴犬のティッシュ入れを一目惚れ。

「たろう」と名前を付けました。

もこもこ好きな、もも。

ガジガジするのが、大好きなもも。

早速、たろうは、ももの洗礼を受けます。
ももちゃん、今日から弟のたろうだよ。

仲良くしてね。
たろうは、すっかり気に入られました。
仲良しです。
ももちゃん、ご満悦です。
 

戌年新年

  • 2018.01.01 Monday
  • 17:04

明けましておめでとうございます。

もも共々、今年もよろしくお願いします。
ももちゃん、今年も楽しい一年にしようね。
 

しぶごえ御宿海岸

  • 2017.12.30 Saturday
  • 14:15

旅行といえば、しぶごえグループなので、今回は、「しぶごえ御宿海岸」に一泊しました。

宿の畳で、ウトウトするもも。
久し振りのクルマでお出かけ、海岸を歩いたももは疲れたのか、すっかりくつろいでいます。

部屋を端にしてくれたので、静かな時間が過ごせました。
夕食後、部屋に戻ると、布団がひいてありました。

嬉しそうな表情のもも。
布団にスリスリ、噛み噛みして、喜びを表現しています。
今日も三人で、川の字に寝ました。

今回も、非日常の家族の思い出がまた一つ増えました。

ももちゃん、楽しかったね。

ご飯タイム

  • 2017.12.30 Saturday
  • 14:06

ももの夕食です。大盛りご飯を頼みました。

馬肉もありました。

今回も、周りが気になるもものために、夕食の席を端にしてもらいました。

畳の上の良い席でした。
「ももちゃん、ご飯だよ〜」の声で、満面の笑みです。
ランチョンマットを貸してもらい、美味しそうに食べるもも。

旅行後に宿から届く葉書に、スタッフさんが「落ち着いていて、ゆっくりご飯を食べていたももちゃん・・」と、ももの様子も見ていてくれた、嬉しいコメントがありました。

御宿海岸

  • 2017.12.30 Saturday
  • 13:55

御宿海岸です。

月の砂漠のモデルになったほど、綺麗な海岸です。

もも、ルンルンです。
これが一番、ももが波に近づいた写真です。

ビビりなので、波が怖いみたいです(笑)
あとは、遠くから海を眺めます。

砂浜の草むらのあるところを歩きたがりました。
にこにこももが見れたので、良かったです。
 

パーキングエリア

  • 2017.12.30 Saturday
  • 13:42

12/16,17(土日)家族旅行に行きました。

途中のパーキングエリアでは、ももは人気の居ない方向を目指します。

周りが気になるももなのです。
一面、草むらです。同化して、みんな茶色です。

ここで、トイレタイム。
誰もいないので、水も飲めます。

ももは、水のお皿が違うと、水置場も違うと、水を飲みたがらないので、散歩に持参しているこの水筒は、必需品です。

宿の部屋でも、この水筒のコップで飲みます。
これから起こることがウキウキで楽しみなももです。

歯石除去

  • 2017.11.26 Sunday
  • 16:06

11月23日(祝)歯石除去をしてもらいました。

ももが歯磨きデビューしたのは、4歳。

何をやっても、怪我をさせられないなと自信がつくまで、4年もかかってしまって。

歯磨きを始めてからは、毎日もしくは二、三日ごとにはやってきたのですが、もう4年間、歯磨きガムのみだったので、それまでに歯石がついてしまっていて、一度、取ってもらうことにしました。
他の病院で、全身麻酔したら、二度と目が覚めなかったという噂を聞いたこともあり、全身麻酔は怖いと思っていましたが、院長先生の言葉で決めました。

「15年が寿命として、2年は違いますね」と言っていた。

何年も二週間に一度の通院してきた病院を信じようと思った。

大丈夫、くりちゃんの命を救ってもらった病院だ、そう思った。
前日の夜12時以降、絶食。

当日は、午前中12時までに来院するように言われる。

ももは、自分から朝ご飯を要求したことがないので、難なくクリア。

病院で、今後の歯磨き指導を受ける。

超音波で歯石を取るので、除去前より歯が、多少わずが凸凹尖ってしまうそうなので、歯石が付きやすくなると言っていた。

ガーゼのような指ブラシより、棒ブラシの方がいいらしい。

「ももちゃん、頑張って」と、病院に預ける。
お迎えは、夕方17:30以降。

それまで、家にひとりぼっち。寂しい。

ももが居ないと、話し相手がいない〜。寂しい。

で、早めにお迎え行って、待ってようと病院に向かう。


病院のドアを開けると、犬の鳴き声が。

「うぉん、うぉん」低く、野太い声。

・・ももだ。ももの鳴き声は特徴あるので、すぐわかる。

「これは、ももですね?うるさくしちゃって、すみません」

看護士さん、「大丈夫、ちょっとですよ(笑)」

もも、元気そうだな。私の心配は何だったんだ。あはは。
「今夜は、ふらつくことがあるかもしれません」

「ソファに上ったり、階段などお気をつけて」

「ももちゃんは、歯肉炎だったので、歯磨きは三日後から始めてください」

「歯が痛いときに、歯磨きすると、嫌いになってしまうので」

と、説明を受ける。

あはは、危ない。私は、早速、歯磨きヤル気満々だった(笑)

帰ってきても、ふらつくことはなく、元気モリモリでした。

ももちゃん、頑張ったね。お疲れさん。

公園でゆっくり。

  • 2017.11.12 Sunday
  • 18:49

11月12日(日)今日こそ、お友達たちに会えた♪

いつもの公園まで歩きたがらないことが多かったので、久し振りに会えました。

みんなで並んで、おやつを貰って、嬉しそうでした。

一人になっても、ももは公園に居ました。


ぼーっと、その、お気に入りの場所に居たい、もも。
たまに、体勢を変えます。
今日は午前中、風が冷たくて、日向でないと寒かったです。

そこに、9時前から13時前まで、私が帰ろうと言うまで居ました。

ももちゃん、ゆっくりできたかな?

帰ったら、ももは、いびきをかきながら爆睡でした(笑)

 


 

私は変人。

  • 2017.11.05 Sunday
  • 19:04

「私、ペットとか飼えない。」

お世話、大変だもん。」

「でも、癒されるよね。」

この間、友達が言ってた。

彼女には、何気ない一言かもしれないけど、私は全ての言葉にひっかかった。

一言で伝えようと、私は言った。

「ももは、私の子どもなの。ももをいつも愛しているの。」

彼女は笑った。

「子供扱いしているんだね。愛しているのか(笑)」

私のももへの愛情を、友達にも根本的に理解してもらえない。

してあげられることが喜びで、お世話と思ったことがない。

見返りを求めて、迎い入れたわけでもない。

共に生きて、かけがえのない毎日を過ごしたいんだ。

ももは、愛おしく、何より大事な守るべき存在。ももが一番。

どんな時も、私は、もものお母さんだよ。いつも愛しているよ。

ももが犬だから、犬を子どもと思っている私は、変人なんだろう。

アイツ、オカシイんです。慣れています。あはは。

ブログを始めた理由

  • 2017.11.05 Sunday
  • 16:07

昔、私の愛犬、くりちゃんがいた頃は、まだインターネットが普及してない時代。

デジカメも出る前、使い捨てカメラが流行っていた頃だった。

スマホどころか、ポケベルの時代だ。

当時の私は、くりちゃんで頭がいっぱいだった。

私は、いつもくりちゃんの話をしていたらしく、高校の友達が、卒業して二十年近くたっても、くりちゃんの名前を憶えていてくれた!!

それが「ものすごく」嬉しくて。

家族でない人が、くりちゃんを憶えていてくれる。

くりちゃんの存在を認めていてくれる。

そう、思えた。


時代は移って、今は、ももが私の愛犬。

もものブログを始めた理由は、至って単純。

いろんな人に、ももを知ってもらいたいから。

過保護で親バカお母さんに、異常なくらい愛されていた柴犬がいたな。

確か、名前は、ももっていったな。

そう頭の片隅に思い出してもらえたら、本望です。

ももが生きた甲斐があると思えるのです。

 


いずれ、ももも、天国に行く日もくる。

ももが居ない毎日は、灰色生活だろう。

ももの思い出を振り返るだけの寂しい老後。

自分のブログを写真付きの本にすることもできるので、その時のももを想う気持ちを記録して、文字化して、形に残すのです。

犬を私の子供に選んだ選択に悔いはありません。

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

いくつになったの?

script*KT*

今、何時?

犬に関する本

記念日

ブログ開設から

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM