中性脂肪が高っ!!

  • 2017.04.15 Saturday
  • 13:42

4/2(日)に採血した結果を聞きに、そして、狂犬病予防注射に、病院へ行きました。

「今度来るとき、おしっこを持ってきてください」と留守番電話に入っていたので、どこか悪いんじゃないかと思って、心配だった。

「腎臓の項目が基準値より1高かったので、尿検査したのですが、問題なかったです。」

ああ、良かった。一安心。
測定結果の紙をちらっと見る。赤い数字が見えた。

「先生、中性脂肪が高いみたいですが。」

「最近、前より少し痩せてきたのに、どうしてですか?」

院長先生、曰く、「逆です。」

「中性脂肪が高いということは、太りやすいということなのに、ももちゃんは体重が落ちてきている。良く管理ができています。」

ほほう〜と、その時は思った。

でも、家に帰り、結果の数値をよく見たら、ビックリ。

中性脂肪167(再検済)って、書いてあった。

参考基準値は、17〜102mg/dlなのに、167は高すぎだろ。

本当に、大丈夫なのか?今度行ったときに、また聞いてみよう。

4/10(月)体重が13.70kgになりました。

嫌われる勇気

  • 2017.03.05 Sunday
  • 06:29

カリカリご飯を半分に減らし、家ではおやつをあげていないので、ももはとてもひもじいらしい。

沢山もらっていると錯覚させるために、カリカリを3粒ずつの一口一口、時間をかけてあげている。

3粒ずつなのに、2,3回噛んで、美味しそうにカリカリ音をさせている。

それでも、やっぱり、足りないらしい。

一緒に遊んだり、土日の真ん中時間にも散歩に連れ出したり、なんとか気を紛らわせようとしているけど、「アタシ、ひもじいの」と寂しそうな目をする。

散歩で、お友達お母さんお父さんにお会いすると、目をキラキラさせて、おやつを期待してそうな顔をする。

寂しそうな目とキラキラした目では、ももの表情が明らかに違う。

ももに嫌われちゃったのかな?仕方ない。いつかわかってくれればいい。

一番つらい思いをしているのは、ももだけど、我慢させる方も堪える。

でも、3月4日(土)14.20kgに若干、また減りました。

虐待か(涙)

  • 2017.02.25 Saturday
  • 23:23

ももは、太っている。それは、わかっているつもりだった。

去年の12月に痛めた股関節のことで、今も毎日薬を飲んでいる。

2月4日(土)も病院に行った。その日の午後は、主治医の院長先生が学会のため休診で、代わりの先生に診てもらった。

一昨年、その先生は、こうおっしゃった。

「人間が1kg増えると、犬はその5倍増えると同じです。」

「ももちゃんの標準体重(成犬の大きさになった体重)は、12kgです。」

その先生に言われて、家族会議を開いて、人間のお裾分けを夫婦で止めてきたのに、しかも、家の中では、おやつをあげていないのに、痩せないどころか、また太った。14.95kgだった。

「ももちゃんは身体が重いのが、関節に負担になって、脚を痛める一因になっていると思われます。」

それなのに、運動したら痩せるかもと思って、歩かせすぎたから、結果、また痛めてしまったようだ。

しかも、ダイエット用カリカリご飯の量、そのものを間違えてあげていたことが、その先生との会話で、その日、初めて気付いた。

もう、ただただ、ショック。言葉もない。私のしてきたことは、虐待か。

それ以来、カリカリ1回50gが朝晩で、2週間経ち、2月18日(土)14.40kgに少し減った。

その6日後、2月24日(金)14.35kgだった。減りが落ちた。わずか5gだけだ。

来週も体重を量りに行って、変化がなければ、先生に相談しよう。

400g減!

  • 2016.03.08 Tuesday
  • 19:36
3/8(火)、私は有休を取り、午前中、区役所と自分の病院に行った。
午後、行きつけのももの病院へ行く。
体重測定目的で。
新しい胴輪を「外して、量りますか?」と、院長先生は聞いてくださったけど、面倒なので、着けたまま量った。
13.50kg!やった〜。
また少し減りました。
院長先生、「くびれも出てきて、筋肉も付いてきたので、あともうちょっとですね♪」と。
目標12kg台の背中が見えてきました。

本日の体重測定

  • 2016.02.06 Saturday
  • 13:55
2/6(土)、行きつけの病院へ。
体重を量ると、13.90kg!!
ついに、13kg台に到達。
前回1/9から、600g減に。
「おっ!ほんの少し、くびれができてきましたね♪」と、院長先生。
「凄いね、ももちゃん♪」と、看護師長のお姉さんも、一緒に喜んでくれた。
ダイエットの励みになります。嬉しいです。

でもでも、私の見た感じでは、たっぷりした広い背中は顕在だし、胴体はボンレスハムそのもの。
事実、お友達のお父さんお母さんに、誰一人、「痩せたね!」と言われません。
アタシ的には、ぽてぽてしていたほうが好きなのですが、太っていると病気に繋がってしまうので、ももの適正体重12kgを目指して、引き続き頑張ります。

報告:もも、朝も夜もカリカリご飯になりました。缶詰ご飯を卒業できました☆
缶詰300g一缶、480円もしていたので、経済的に楽になりました。
もっとも、カリカリ3kg一袋、5380円するのですが。
毎日の主食なので、これでも気を遣っています。病院のご飯で、安心を買っているのです。

700g減!

  • 2016.01.09 Saturday
  • 12:30
1/9(土)、行きつけの動物病院へ。
元気でも行く。体重測定と、関節の検診目的で。
昨年の12/20からダイエットを再開して、約3週間。
体重測定の結果次第では、今後の具体的な指導をしてもらおうと思った。
また、スパルタ散歩に変えたので、関節の様子を診てもらいたかった。
で、ドキドキの体重測定。14.50kg!
12/20の時は、15.20kgでした。
☆3週間で、700g減量に成功。☆
ご飯の量は、今までと全く同じです。
なので、おすそ分けとおやつを、どんだけあげていたのかを思い知らされました。
お座りして、つぶらな瞳をランランさせて、じーっとくれるのを静かに待っていたももの様子を見たら、私は、たまらなくあげていた。
でも、これではいかん!と一念発起して、一切、止めた。
近頃では、あげなくなっても、そこまで、ももに嫌われていないと分かり、私の方が慣れてきた。
体重が少し減少したので、このまま引き続き様子を見ることになった。
院長先生は、「食事の量を減らすのは、体重減るのが停滞してきたら、その時、考えましょう。」と言っていた。

一年の計

  • 2016.01.01 Friday
  • 08:34
新年のお慶びを申し上げます。
もも共々、今年も宜しくお願いします。

さて、一年の計は、元旦にアリ。
ももの今年の目標は、やはり、ダイエット。
おすそ分け&おやつ無しは、今後も継続。

散歩中、決まった場所であげていた、おやつスポットをなくした。
前は、その場所に来ると、お座りしていたもも。
ももの背中を優しく撫で、「ないよ〜」と言って我慢させた。
2、3日すると、ももは、普通に素通りするようになった。

また、朝夜の散歩を1時間みっちり歩くようにした。
しかも、スタスタ歩きで。足が完治したので。
散歩コースは、必ず坂道を上るルートに。
体幹が鍛えられ、脚に筋肉が付くと、ネットで知って。
筋トレの後に、有酸素運動をセットで行うと、脂肪が燃えやすいと、私がスポーツジムに通っていた時、聞いた覚えがあったのを思い出し。
犬は、運動だけでは、あまり痩せないらしいが、取り入れてみた。

食事は、病院のご飯をあげる。
朝、カリカリ。「満腹感サポート」75g。
夜、缶詰。「ウエイト・マネージメント」150g。
そして、「プレミアムミルク+」120g。
歯磨きをするようになったので、ガム「グリニーズ」は、止めた。

おすそ分け、おやつをあげなくなって、一番の変化は、ももがご飯をすぐ食べるようになったことだ。
以前は、まず、食べない。嫌々、仕方なく食べてた。
しかも、ア〜ンして、無理に、口に押し込んでいた。
それが、今じゃ、自ら、間髪入れず食べる。
こんなにも違うものか!と、私はビックリ。

本当は、夜もカリカリにしたい。その方が、私は助かる。
ドライフードだけの方が、犬にも良いって聞くし。
でもな〜、う〜ん。今は、仕方ない。これでいきます。

苦悩のクリスマス

  • 2015.12.26 Saturday
  • 09:09
主人と話し合った結果、ももにおすそ分けを止めようということになった。
我が家のクリスマスが、ももにとっては、我慢の時間に。
ケンタッキーのフライドチキンも、クリスマスケーキも無し。
ももがテーブルに近づいて、お座りした。
つぶらな瞳が、ウキウキ期待の込めた目で、見つめている。
私は、すかさず、きっぱり言った。
「ダメ。ごめんね。無い。」
ももは、きょとんとして、主人の元へ移動した。
主人も「あげられない。」と言う。
ももは、手で、主人の脚をカリカリするが、無視される。
・・あきらめた。もも、遠い目をしている。ごめん、もも。
10分後、また、ももが来た。やっぱり、結果は同じ。
ついに、ももは、自分のご飯を食べ始めた。わかってくれたようだ。
 ごめんね、もも。もものためなの。でも、私は不憫だった。良心が痛んだ。
食後は、いつもの遊ぶ時間を、さらに延長して、フォローした。

ダイエット

  • 2015.12.20 Sunday
  • 12:43
12/20(日)行きつけの動物病院に行く。日曜日なので、院長先生は、不在。
腕の爪を切ってもらいに行った。ついでに、耳の油を取ってもらった。
そして、血液検査もしてもらおうとしたら、前回、9月にしたので、大丈夫でしょうと言われた。
水をたくさん飲んでいる症状がなければ、血液検査は、頻繁にしなくても大丈夫らしい。
年二回(8歳以上。8歳以下は年一回)の血液検査と、年二回の尿検査で、健康診断はOKとのこと。
ここの動物病院は、先生が全部で3人いる。院長先生、副院長先生、ふつうの先生。
今日は、ふつうの先生だった。その先生が、教えてくれた。
「血液検査よりも、ももちゃんは、太っているのが、気になります。」
「犬の体重を4〜5倍すると、人間の体重になると考えます。」
「ももちゃんは、去年(13kg)と比べると、2kg増えました。」
「人間に考えると、2kgに5倍して、10kg増えたことになります。」
「犬の背中は、普通、アーチ状に丸くなっていますが、ももちゃんは、平らです。」
「ボディコンディションスコア(BCS)は、4と5の間、肥満です。」
「肥満は、糖尿病などの病気に繋がりやすいですし、関節にも負担になります。」
「重症になると、中型犬は、立てなくなって、寝たきりになることもあります。」
「ご家族で、よく話し合って、ももちゃんが動けるうちに、体重を減らしましょう。」
「病院の処方食は、カロリー20%減が限界ですので、その分、おすそ分けやオヤツなどであげたら、元もないです。」
「ももちゃんの適正体重は、成犬の大きさになった頃の体重、12kgです。」
「あと、3kgダイエット頑張りましょう。」
院長先生の他にも、頼もしい先生を見つけました。行きつけの病院、大好きです。

ちょい痩せ

  • 2014.05.04 Sunday
  • 14:28
JUGEMテーマ:いぬのきもち
病院指定食「満腹感サポート」が無くなってきたので、引き続き食べさせるため、病院に買いに行った。
ついでに、体重も量ってもらった。
5/4現在、12.05kg!!
4/5には、12.25kgだった。
この一ヶ月で、また少しだけ減った。
副医院長先生が言っていた。
「3月末の12.92kgから、
ももちゃんに無理のないペースで、
徐々に減らしましたね。」
「でも、まだ背中が、真っ平らです。」
「普通、犬の背中は、アーチ状になっています。」
「その分、背中にお肉がついています。」
「引き続き、あと1kg頑張りましょう。」
もうすぐ目標の11kg台が見えてきた。
頑張れ、もも!!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

いくつになったの?

script*KT*

今、何時?

犬に関する本

記念日

ブログ開設から

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM