歯石除去

  • 2017.11.26 Sunday
  • 16:06

11月23日(祝)歯石除去をしてもらいました。

ももが歯磨きデビューしたのは、4歳。

何をやっても、怪我をさせられないなと自信がつくまで、4年もかかってしまって。

歯磨きを始めてからは、毎日もしくは二、三日ごとにはやってきたのですが、もう4年間、歯磨きガムのみだったので、それまでに歯石がついてしまっていて、一度、取ってもらうことにしました。
他の病院で、全身麻酔したら、二度と目が覚めなかったという噂を聞いたこともあり、全身麻酔は怖いと思っていましたが、院長先生の言葉で決めました。

「15年が寿命として、2年は違いますね」と言っていた。

何年も二週間に一度の通院してきた病院を信じようと思った。

大丈夫、くりちゃんの命を救ってもらった病院だ、そう思った。
前日の夜12時以降、絶食。

当日は、午前中12時までに来院するように言われる。

ももは、自分から朝ご飯を要求したことがないので、難なくクリア。

病院で、今後の歯磨き指導を受ける。

超音波で歯石を取るので、除去前より歯が、多少わずが凸凹尖ってしまうそうなので、歯石が付きやすくなると言っていた。

ガーゼのような指ブラシより、棒ブラシの方がいいらしい。

「ももちゃん、頑張って」と、病院に預ける。
お迎えは、夕方17:30以降。

それまで、家にひとりぼっち。寂しい。

ももが居ないと、話し相手がいない〜。寂しい。

で、早めにお迎え行って、待ってようと病院に向かう。


病院のドアを開けると、犬の鳴き声が。

「うぉん、うぉん」低く、野太い声。

・・ももだ。ももの鳴き声は特徴あるので、すぐわかる。

「これは、ももですね?うるさくしちゃって、すみません」

看護士さん、「大丈夫、ちょっとですよ(笑)」

もも、元気そうだな。私の心配は何だったんだ。あはは。
「今夜は、ふらつくことがあるかもしれません」

「ソファに上ったり、階段などお気をつけて」

「ももちゃんは、歯肉炎だったので、歯磨きは三日後から始めてください」

「歯が痛いときに、歯磨きすると、嫌いになってしまうので」

と、説明を受ける。

あはは、危ない。私は、早速、歯磨きヤル気満々だった(笑)

帰ってきても、ふらつくことはなく、元気モリモリでした。

ももちゃん、頑張ったね。お疲れさん。

足が良くなってきた

  • 2017.05.28 Sunday
  • 18:24

5/27(土)ももの病院に行く。

去年の12月に足を痛めてからずっと何カ月も、2週間に一度の頻度で、通っていた。

前回やっと、薬の炎症止めがなくなって、生薬だけになった。

私の足で片道20分くらいのももの病院へ、いつもバギーに乗せて、あの坂道を上り下りしていた。

昨日の夕方は温度的にも、今のももの足の状態でも、大丈夫だと思ったので、ももと歩いていこうと決めた。

ゆっくり、ゆっくり、途中休みながら、50分かけて、ももは歩けた。

「ももちゃん、すごいね♪いいね、いいね♪」

人目もはばからず褒めながら、歩くももは、嬉しそうな顔をしていた。

ももが1歳?最初に足を痛める前は、丘公園や、せせらぎなど、朝5:30から散歩に行っていた。

リードで繋がって、ももと並んで一緒に歩く喜びを感じ、遠くまで行っていた。

でも、ももは足を痛めてしまう。気が付くと、いつも病院通いだ。

だから、もう、いつもの公園だけにしよう。公園の中を1,2周でいいや。

今回12月に痛めたとき、そう思った。もう散歩で連れまわすのは、やめよう。

なので、病院まで歩くのは、勇気がいった。相当な覚悟だった。

もものペースで、コースも、ももが行きたい道に任せた。

院長先生が「炎症止めがなくても、大丈夫そうですね」

診察室の中で歩くももの様子と、触診で入念に触って、そう言った。

「これからは、生薬だけにしましょう。診察の間隔も伸ばしても良いですよ」

病院代、2週間で7千円が終わる日がきた。4週間で8千円になった。

何より、ももが痛そうにしていないのが、一番嬉しいです。

昨日今日のもも。

  • 2016.08.28 Sunday
  • 14:06

このところ、もものシッコの量が少なくて。

12時間トイレを我慢している割には、心配になる程の少なさなのだ。

で、8/27(土)いつもの病院に行った。

朝の、尿を検査してもらう。→異常なし。

数値的には、何も問題も見られなかった。

先生曰く、「水をそんなに飲んでいないのでしょう」との事だ。

一安心して、帰路に着いた。

 

そして、8/28(日)お風呂に入る。

薬用「ダニとノミとりリンスインシャンプー」というのを初めて使用してみた。

実は、ももは何年も、フロントラインのような首に垂らすタイプのダニノミ薬をしていないのだ。

それを首に垂らすと、ももは、情緒不安定になって、落ち着かなくなる。ソワソワ、ぐるぐる回り、尻尾が垂れる。

その状態が長い間続いて、見ている私まで、情緒不安定になってしまうので、何年もやらないでいた。

そのことは、ももの主治医も了承済です。

今までは幸い、ノミが付いたことがないのだけれど、マダニやヤマダニなどは怖いので、シャンプーでと思いました。

でも、お風呂を出たももは、逆に、大興奮で、リビングを走り回っていました(笑)。

病院でのもも

  • 2016.04.24 Sunday
  • 16:30
4/23(土)いつもの動物病院へ。激混みでした。
2週前(4/9)に狂犬病予防注射に行った日も、同様に激混み。
混んでいる方が、人気のある病院の証拠と思い、私も嬉しいです。
昨日は、春の健康診断付フィラリアの血液検査と、足のその後の様子を診てもらいに、そして、耳の油を取ってもらいに、行きました。

ももは、待合室でも、診察台の上でも、静かにじっとしていました。
足の飲み薬を飲まなくなって2週間経っても、すこぶる快調との診断。
耳の処置をする間も、看護師さんはいなかったので、押さえていなくても大人しくされるがままだった、もも。
いつもそうですが、昨日も、院長先生に、褒められました。
別室で、血液検査するときも、終わった後、看護師さんに「良いコでしたよ。」と言われました。
ももが褒められるときは、自分が褒められるときより、ずっと嬉しいです。

最後に残念なお知らせです。
体重を量ったら、13.85kgに増えてしまっていました。
安静に言われた、ゆる〜い散歩と、飲み薬の副作用で、食欲が増え、この一ヶ月でリバウンドしてしまいました。
足も完治したことだし、ダイエット再開します。頑張ります!

膝を痛める

  • 2016.03.15 Tuesday
  • 17:33
3/15(火)今朝の散歩で、ももは気になることをした。
左足を空中キック、そして、右足でケンケン。
素人目にもわかる、左足がオカシイ。
それが続くので、散歩を中止して、すぐ帰る。
幸い、今日は所用で有休を取ったので、行きつけの動物病院に行った。
ももが元気な状態を毎月、診せに行っているので、院長先生は、すぐに気付いた。
「いつもは、若干、右足をかばっているのに、今日はその右足で、左足をかばっていますね。」と院長先生。

触診が始まる。
まず、腰の辺りを触る。
「本当に痛い時は、腰を触ると、痛がります。今回は、無いようです。」
次に、ヒザと足首を触る。
「あ、ヒザを痛めたようです。足首も少し違和感があります。」
「でも、腫れては、いません。薬を出します。」
注射の方が、早く効くようなので、打ってもらった。


夕方になって注射が効いたのか、ボールで遊ぼうアピールをするもも。
走り回ろうとするのを、止める。
「ももちゃん、3日間は安静にって言われたの!」
なので、動かずにできる、ボールキャッチで遊ぶ。
ももは、口でボールをキャッチできる。
褒めると、得意になって、何度もやる。
次に、やっぱり動かずに、ちょうだいちょうだいごっこで遊ぶ。
こうして、平日のお休みは、もも一色なのです。

大好きな秋元さん

  • 2016.02.20 Saturday
  • 12:51
2/20(土)行きつけの動物病院へ、再び。
もちろん、尿検査目的で。再提出。
今回はちゃんと、病院行く途中で、今朝の尿を採取。
蛋白質⇒+−で、PH⇒6.5でしたが、残りの項目は全て「−」の正常値でした。
ももは、平日12時間トイレを我慢しているので、尿検査を半年ごとに、自主的にやります。
その半年の間に、血液検査も、年二回しています。
関節の触診と体重量りに、毎月、好んで通っています。
何を隠そう、私は、動物病院好き。自分自身の病院は、億劫ですが。
「秋元さん、行くよ」と言うと、ももは素直についてくる。
診察台の高さにビビって、されるがままのももですが、ももは、痛い所を治してくれるところだと分かるみたいなので、素直についてきます。
もも共々、行きつけの病院が大好きです。

おでき?

  • 2016.02.14 Sunday
  • 18:17
2/14(日)動物病院へ行く。
尿検査と、おできを発見して。
看護師さん:「これ、いつの尿ですか?」
私:「木曜日のです。」
診察室に呼ばれると、先生が言った。
「4日前の尿だと、数値が異常になってしまい、結果が出ませんでした。」
しまった!!古い尿だと、ダメなのか!出直すことに。
先生:「おできは、どの辺りですか?」
私:「脇近くの胸です。毛が無くて、ポチッとなっています。」
先生が診て、こう、おっしゃった。
「これ、乳首です。乳首は、この辺りからあるのですよ。」
私:「へっ!?乳首!?」変な声が出た。
あはは。笑い話です。

整形外科、終了!

  • 2015.12.05 Saturday
  • 18:34

薬を飲まなくなって、一ヶ月経ったので、12/5(土)整形外科に行く。
「悪い兆候は見られず、元気です。」と私は言った。
先生は、ももを触診して、おっしゃった。
「良いですね。良い状態が保てているので、今日で診察終了にします。」
「もし深刻な病気なら、もっと悪くなっています。」と言った。

その日の午後、横浜市動物愛護センターの「愛犬の健康と幸せのセミナー」に行く。
ドッグトレーナーと獣医師の話を聞いた。
質問コーナーの時間で、私は聞いてみた。
「整形外科で、ガンの可能性もありますと言われました。飼い主にしてみれば、とてもショックだったのですが、先生は、あらゆる可能性を言わなくてはいけないものなのでしょうか?」と、質問してみた。
獣医師の講師の先生は、こうおっしゃった。
「実際、後から深刻な病気が判明した場合、何で最初に言ってくれなかったんだ!という苦情は、沢山あるので、始めから可能性の一つとして、言ったのでしょう。」と答えた。
ももは完治したので、今となっては、取り越し苦労で終わったけど、ガン発言は、当時、私には凄いダメージだった。
ま、とにかく、治って、安堵しました。

衝撃的事実

  • 2015.11.07 Saturday
  • 17:54
先生の「神経のガン」発言に、ひどく動揺して、すっかり影が薄れていたけど、整形外科で、未だかつて無かった衝撃的事実が判明。
あはは。思い出した。度忘れしていた。

ももの体重を量ったら、なんと・・
15kg台突入!!
ほぇ〜、ほぇ〜、ついに怖れていたことが。
15kgっていったら、あの四角い背中で有名な、
こじろうちゃんと同じ体重。

15kgになったショックより、あの、「こじろうちゃんと並んだ」事実に、とっても危機感。
ついに、こじろうちゃんと2トップになってしまった!
その事実を、近所の行きつけの病院の、ももの主治医に言ったら、
「う〜ん、でも、まだ若干、くびれは残っていますし、そんなに増えたようには、見えないですね。筋肉が付いたのでは、ないですか?」と、院長先生の温かいお言葉をいただく。
でも、でも、もものブログ写真を見た肉親が、胴輪からはみ出ている肉を指摘。
本当だ!肉がはみ出ている。ウハハ☆
私は、見慣れているというか、たっぷりしているももの背中を、こんなもんだと思っていたので、鋭い指摘がありがたい。
やっぱり、こじろうちゃんと同じは、・・ヤバいな。

歯石沈着。

  • 2015.10.03 Saturday
  • 13:26
10/3(土)、行きつけの動物病院に行く。
8種混合ワクチン追加接種のため。
身体検査もしてくれる。
歯の状態、異状あり。歯石沈着。
院長先生曰く、「歯石が付いています。まだ全身麻酔して、歯石を取るレベルではありませんが、お家で歯磨き頑張りましょう。」と。

歯磨きデビューしたのが、先月の19日。それから、まだ数週間しか経ってない。
4年間2か月まで、歯磨きガムだけだったから・・。とても後悔。
歯磨きで、これから付く歯垢は防げるかもしれないけど、今、付いてしまっている歯垢まで、果たして取れるようになるのだろうか?
ももの歯磨き粉好きは、本物で、歯磨き用意している段階で、そわそわワクワクし、「歯磨きするよ〜」の一声で、駆け寄ってきて、目をランランして、お座りして待っている。
ただ、歯磨き中は、自由に舐めさせてもらえないので、ももは文句を言いながら、ペロペロ。
最後に1分間くらいは、好きなように舐めさせて、満足させて、終わるようにしている。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

いくつになったの?

script*KT*

今、何時?

犬に関する本

記念日

ブログ開設から

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM